消費者金融の取り立て

消費者金融といえば、なんとなく取り立てが激しくて怖いというイメージを持っている人もきっと多いと思いますが、消費者金融の取り立てというのはどんな感じなのでしょうか。消費者金融の取り立ては、私たちがイメージしているようなものなのか開設します。まず、プロミスやアコムなど大手消費者金融での取り立ては私たちがイメージしているようなことは一切ありません。

たとえば、お金の返済を遅れてしまったという場合には、自宅や携帯に電話がかかってきますが、その時の電話での応対も「金返せ!」といった攻撃的なものではなく、返済日が過ぎているけども大丈夫か?といったようなソフトな感じな対応です。

大手消費者金融には、取り立てというよりも督促の際にもマニュアルがありますから、それほど怖い脅しような取り立てはお行いません。電話でも、郵便でも、とにかく匿名で個人名で連絡してきますから家族にわかることもありませんし、勤務先に知られることもないと思います。これが大手の消費者金融の対応です。

しかし、中堅クラスの消費者金融になると、連絡がつくまでの期間、何度も何度も電話をかけてくる可能性があります。中には1日遅れただけでも会社に電話をかけてきたり、電報が送られてくることもあるそうです。ちょっと怖いですね。また、少し脅し文句が入ることもあるといわれています。

消費者金融の取り立てはそれほど私たちがイメージしているような怖いものではないのですが、一番良くないのは連絡がつかなくなってしまうことです。消費者金融から連絡をしているのに一切電話にも出ないで連絡をしてこないようなケースの場合には、後から頻繁に電話がかかってくるようになりますし、訪問してでも連絡をつけようというようなところも出てきます。

これは、消費者金融としては間違っていない対応だと言えます。お金を借りているのに連絡を絶った人が悪いわけですから、取り立てがエスカレートしないように、連絡だけはきちんと取れる状況を作っておかないとまずいですね。

消費者金融の取り立てには、法律でルールが決められていて、夜の21時から朝の8時までの取り立ては禁止されていますし、張り紙や大勢での訪問、勤務先に訪問する、暴力を振るう、罵声を浴びせるなどは禁止されています。また他の金融業者にお金を借りさせて返済させるといった行為も禁止されていますから、取り立てといっても最近は法律にのっとったうえでマナーある取り立てをしているはずです。
ニッテレからの借金の請求