プラトニックな不倫ってあるの?

フリーライターをしているAさんは妻子ある50代半ばの男性。以前に勤めていたアルバイト先の女性、B子さんと久しぶりに会い、夕食を共にしました。B子さんは40代前半の独身女性です。

ふたりの話は弾み、日を変えて昼食ドライブに行く約束をしました。Aさんは、その時はまだB子さんに特別な感情は持っていなかったのですが、B子さんが毎日のようにメールしてきてアプローチをかけてきました。

そして昼食ドライブの当日。帰り際に立ち寄ったショッピングモールで、B子さんが何気に見せた仕草がAさんの心をとらえ、AさんはいっきにB子さんのことが好きになってしまったのです。

とはいってもお互いに仕事があったり、B子さんの健康に問題が生じたりして、ほとんど会うことができませんでした。

そんなある日、B子さんから「お別れの日がきました」というメールを受け取ったAさん。深い関係なんて何もないのに…と戸惑い、自分が既婚者であることを忘れて「好きだ」と告白しました。

それでも、B子さんの心は閉ざされたままで、「もうその気はありません」という返事が来ただけでした。

俺は、いったいB子にとってどんな存在だったのか…?と今も自問しているそうです。

世田谷区での浮気調査ならこちらの探偵社が安心です!

浮気な恋愛ごっこ

e7_s

とにかくまめで女性にやさしい浮気男のポチと、憂いを秘めた顔立ちとセクシーな仕草で男を悩殺するタマ。二人とも既婚者なのに、なぜか浮気癖が時々出てしまい騒動になるとか…。

ポチは、50歳になる男性。2度の離婚を経て3年前に3度目の結婚をしました。若い頃から女好きで、出会い系サイトや結婚相談サイトを利用してはあちこちの女性と同時進行させてきたキャリアの持ち主です。

一方、40歳のタマは、どう見ても30代前半にしか見えない男好きする顔のセクシー女性。大手企業の管理職をしている10歳年上の旦那様と二人暮らしで、いたってセレブな奥様。英会話などのカルチャースクールにも通いつつ、こっそりと出会い系で浮気を重ねるなど自由奔放な日々を楽しんでいらっしゃいます。

ポチとタマ。二人の共通点は恋愛に自由奔放なこと。「誰かと恋愛ごっこをしていることが幸せを実感できる時間」だと語ります。
本気の不倫恋愛ではなく、浮気の恋愛ごっこを楽しむポチとタマ。

それぞれに奥さんと旦那さんのパートナーがいるんだから、くれぐれもバレないようにすることがパートナーへの義務であり、ルールです。

常識的には不適切な恋愛観を持っているように思えますが、これもまたひとつの価値観。できれば誰もを傷つけることなく、自由恋愛を楽しんでください。